結婚後のサポート

スマホにタッチ

少子高齢化社会になったとはいえ、婚活ビジネスは拡大しつつあります。
多種多様な婚活サービスが生まれて人気を得ています。
今後はさらに少子化が進むことが予想されます。
少子化は国家の大問題です。
危機感をあらわしている証拠として、2007年には少子化担当大臣が設定されています。
今後はさらに晩婚化、非婚化が進むことが予想されています。
そのため行政が婚活ビジネスを積極的にサポートすることが予想されます。
今は昔ながらの「結婚相談所」の良さも見直されてきています。
結婚相談所は仲人が世話をしてくれるため、異性に対して消極的な人が増えている現代にマッチしています。
「男性の草食化」が進むにつれて、結婚相談所の人気が高まると思われます。

婚活ができるサービスには、結婚相談所、婚活パーティー、婚活サイトなどがあります。
また、街コンなどの「合コン」感覚で参加できる企画型婚活もあります。
それらに参加したり会員になるには、それなりに費用がかかります。
婚活が長引けばそれだけ費用もかさむことになります。
ネット婚活は費用も安く気軽にできます。
しかし、登録して2年3年たっても良い人に出会えないこともあり、お金と時間を浪費する結果になります。
結婚相談所は費用は高いですが、その分質の高い婚活ができます。
会員期限を1年などと定めている相談所が多く、期限を過ぎるとまた何十万円もの入会金を支払う必要があります。
しかし、短期間で結婚相手をゲットするには、そうした状況に自分を追い込むことも必要なのです。